【Webライター×ジャンル】自分の強みは?セルフブランディングを考えよう!

みなさんは、自分の長所や強みをすぐに言葉にできますか?

困っている人
困っている人

。。。(なんだか、恥ずかしくて言えない!)

思いついたとしても、口に出すのをためらってしまうかもしれません。

私もそうでした。

でもこの「自分の良さを見つけるスキル」、Webライターでお仕事をして行く上で重要です。

自分が「どの部分が長所で、伸ばしていくべきなのか」を客観的に判断する必要があると感じています。

自己分析をすることで、フリーランスとして売り出せる「セルフブランディング」をしていけるかが重要になってきます。

今回は、そんなセルフブランディングについて考えていきましょう。

nanat
nanat

自分の強みが、強い武器になることもありそうです!

スポンサーリンク
目次

自分はどんなキャラクター?

アニメのキャラクターに個性があるように、実は私たちにもそれぞれ個性があります。

「自分はどんな性格なのか」を自己分析して、自分のキャラクターを明確にしてみましょう。

友人や家族、仕事仲間から客観的な意見をもらうと客観的にわかりますが、まず自分だけで考えてみても大丈夫です。

具体的には…

・仕事への取り組み方は?
・コミュニケーションは得意?
・どんな印象を持たれる?

自分のありままの姿を知ることが、理想の姿への第一歩です。次は、理想に近づける方法を考えていきましょう。

nanat
nanat

自分を客観的に見ることが大切です。

「自分の良さを伸ばす」VS「理想の姿に近づく努力」

自分のキャラクターを理想に近づけるには、どうしたらいいでしょうか?

Webライターの仕事にひもづけると…

自分のキャラクター=「今、書ける記事」
理想の姿=「これから書きたい記事」

といえそうです。

自分が今書ける記事は、どんな記事ですか?その記事を書くのは楽しいですか?

人それぞれだとは思いますが、個人的には自分の経験や知識を活かして書く記事は楽しいです。

この自分の良さを伸ばす方向に時間を使えば、もっと効率よく記事が書けるのではないでしょうか。

でも、書きたい記事を書くためには、知識や勉強などの努力が必要ですよね。

もちろん、その姿に近づくのに時間を投資していく方法もあります。そのためには仕事をペースダウンさせたほうがいいでしょう。

どちらも正解ではありますが、同時にやっていくのは、難しいかもしれません。

まずは、どちらかにコミットしてみるといいと感じています。

セルフブランディングに悩んだら、一度「やることの振り返り」をしてみましょう!→「【Webライター×始め方】初心者ライターが「まずやること」3選

nanat
nanat

自分に向き合って、じっくり考えてみましょう!

「自然体」というブランディング

「自分の良さを伸ばす」には、自分らしさをブランディングする方法もあります。無理に理想を掲げずに「ありのままの自分」として、軸を持って行動できたらステキですよね。

得意ジャンルをアピールする
・SNSなどで自分のキャラクターを出す

もちろん、そのためには自分がどんな性格かを把握していて、強みも弱みも知っておくことが前提です。でも成功したら、自分らしさを活かしてライター活動をしていけるでしょう。

困っている人
困っている人

難しいかな…?

なんて弱気になってしまいそうですが、まず次のことを頑張ってみましょう!

POINT💡

・今後の方向性を決める
・自分の強みを活す方法を考える
・使える時間を「セルフブランディング」に投資する

まずは時間を作る。頑張ってみて、ブランディングをしていければいけばいいと思います。(理想と現実を受け入れながら…)

努力した上での「自然体」って、それだけで、なんだかステキです。

【まとめ】セルフブランディングは自分の強みになる!

Webライターとして活動して行くには、個人でお仕事をすることになります。

自分らしさを知って、上手くアピールできることで、お仕事につながることも多いでしょう。

ときにはちょっと弱音を吐いたり、ちょっとカッコつけたり。人間性が良くて好きになってもらって、お仕事につながることもあります。

やる気が出てきた人
やる気が出てきた人

いつもの自分でいいんだ!

自分らしさをもっと表現して、つながる世界を増やしてみてはいかがでしょうか?

1つずつの出会いを大切に。Webライターのお仕事を楽しんでいきたいですね。

nanat
nanat

セルフブランディング、ぜひ考えてみて下さいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる