【ライターネーム×本名】本名と顔出しで大丈夫?私が1年間本名で活動してきた結果は…?

Webライターとして活動するときに、考える人も多い「ライターネーム」。

以前、本名でのライター活動をしているという記事「【ライターネーム】本名?匿名?Webライターとして活動するときの本名のメリットを紹介」を書きました。

私は本名で活動し始めてから1年が経ったので、その結果の良かったこと、悪かったことをご紹介します。

ライターネームで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください!

nanat
nanat

1年間、本名で活動してきた結果をお伝えします!

目次

ライターネームを本名にして心配していたこと

まず、本名を公開して活動して行くにあたって、不安がありました。

「SNSでトラブルに巻き込まれるかも」「なんだか不安!」

という、私はかなり漠然とした不安を感じていました。ただ、Twitterを見ていると本名+顔写真で活動している人も多いという印象です。比較的経験を重ねているライターさんも、顔出しでお仕事をされている感じでした。

「それなら、大丈夫かな?」という感じで設定してみました。その結果、今のところは特に困ったことはありません。ただし、活動を続ける上でSNS運用などにはコツがあると感じています。

良かったことなどの前に、少しだけポイントをお話しようと思います。

SNS運用は慎重に!

私がSNSで気をつけていたことは、「読んだ相手を不快にさせないこと」です。

例えば、Twitterではツイート内容をしっかり読み直したり、書き直したりしてどんな印象を持たれるかを考えました。noteでも同様です。

SNSは、自分の考えをそのまま文章にできるのが魅力ですが、自分の本名で活動して、仕事を続けていきたいと考えているなら、必要以上に尖ったことを言う必要はないかなと考えています。

もちろん、誰かに響く言葉を書いて、バズったり、フォロワーさんを増やしたりという方法もあると思いますが、地道に運用していくのもいいかなと思います。

ストレス耐性がある方なら、大丈夫だと思いますが、私のように「平和に…」と考えている方なら、慎重なSNS運用がオススメです…!

私は気をつけて運用していたこともあって、約1年のSNS運用で特に炎上もなく、同じライターさんと交流を持てたので満足しています。

ライターネームを本名にして良かったこと

①お仕事のお話がスムーズに進むようになった

私はTwitterとnoteを活用しているのですが、TwitterのDMで「noteの記事を読んで…」とお仕事のご依頼をいただいたりします。本名が分かっていると、クライアントさんからも発注をしやすいと思ってもらえそうです。

クラウドワークスにも登録しているのですが、閲覧者回数も増えました。

引用:クラウドワークス(マイページ)

閲覧していただくだけでも、ご縁ですよね。「どんな人だろう?」とクライアントさんが思ったときに、わかりやすいのがメリットだと感じています。

②覚えてもらいやすくなった

これは本名+写真を統一していたからというのも大きいかもしれません。

以前、とあるオンラインイベントに呼んでいただいて、15分ほど参加者さんの前でお話をする機会があったのですが、参加している方から「noteいつも読んでます!」と言っていただけたことがありました。

小躍りするくらいうれしかったですし、認知してもらえることで、地道に発信したことをだれかに「伝えられている」という、うれしさもありました。

SNSではたくさんのユーザーさんがいて、ライターさんも多いので覚えてもらうことも大切です。交流しやすくなったり、オンラインでの仲間ができたりという結果につながっていると思います。

ライターネームを本名にして悪かったこと

①前からの知り合いに見られていた…!

SNSで誰かに見られているということはあります。というと、ちょっと怖いですが、一番は恥ずかしさかもしれません。やはりリアルで知っている人に見られていると、意識してしまいますよね。

「ちょっとカッコイイこと言ってる!」と思われていないかな…と気になりました。でも最近では、自分の活動に自信を持ってていたら、気にならなくなると感じています。

どうしても気になる場合は、ライターアカウントとしてプライベートで使っているアカウントを分けてもいいですね。

ライターのSNS運用については「【ライターのSNS】Twitter?note?初心者ライターが始めるべきSNSとは?」にも書きましたので、チェックしてみて下さい!

②ちょっぴり緊張感がある

やはり、本名で発信することの緊張感はあります。特にフリーランスとしてお仕事をしている以上、クライアントさんの目に留まることもありますし、仕事依頼の判断材料にもなると思うのです。

ただ、クライアントさんとの相性もあるので、慎重に運用するだけじゃなくてもいいと思っています。

自分の個性を表現できる場所だと考えて発信すると、相性のいいクライアントさんだけでなく、相性のいい仲間に出会えて、楽しく仕事ができる環境にもつながるはずです。

誰かを傷つけないような慎重さを持ちつつ、自分らしい表現をして世界を広げていけるといいかなと思っています。

【まとめ】(個人的には)ライターネームを本名にしてよかった!

私が1年、ライターネームを本名にして活動した結果としては、本名にして良かったことが大きいと感じています。フリーランスとして仕事での信頼感を持ってもらえたり、覚えてもらえたりしてうれしいことが多かったです。

ただし、自分の言動に注意は必要で、トラブルなどに発展させないように自己管理をするのも大切だと思っています。

では、「匿名」だと難しいのか?というと、お仕事のスタイルによるのかもしれません。

匿名でもお仕事ができる場として「クラウドソーシング」があります。実際に匿名でもたくさん受注できている方もいるので、もし匿名にしたい場合は、活躍している人の名前やアイコンを参考にしてみても良いかもしれません。

自分のマインドに合わせて途中で変更することもできるので、今の気持ちから選択してみてください!

nanat
nanat

本名か写真、どちらか片方からでもいいと思います!
あなたの参考になりますように!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる