【仕事の探し方】初心者ライターには「クラウドソーシング」がおすすめ!2つの理由を紹介

Webライターになるために、「さあ、仕事を探そう!」と思ったときに、

「…仕事って、どうやって受注するの?」と疑問が湧いてきませんか?

私はありました。

そこで始めやすいのが「クラウドソーシング」。

今回はクラウドソーシングについて詳しくご紹介します。

nanat
nanat

この記事がおすすめな人は……
・Webライターをはじめようと思ってさまよっている人
・クラウドソーシングの使い方がイマイチわからない人
・やる気だけはある人

目次

クラウドソーシングサイトって?

クラウドソーシングサイトは、個人で登録ができて、お仕事を発注・受注できるサイトです。(企業でも可能)

Webライターのお仕事だと、発注者側が依頼をして、それに対して受注者が応募・提案をして契約するというイメージです。

私の体感としては、企業が発注して、個人が受注するお仕事が多いように感じています。

インターネットで完結するお仕事が多くて、出勤して仕事をすることが少ないため、インターネットが繋がりさえすれば、どこに住んでいてもお仕事ができます。

東京に住んでいる人でも、地方に住んでいる人でも、ノマドで海外に住む場合でも、同じようにお仕事をすることが可能です。

nanat
nanat

・個人でお仕事を始めやすいのが「クラウドソーシング」。
・インターネットがあれば、どこでもお仕事ができる!

初心者ライターさんにおすすめな「2つの理由」

クラウドソーシングがおすすめな理由は3つあります。

「サポートがあって安心」なことと、「未経験でもWebライターのお仕事を受注しやすいこと」です。

それぞれ、少しずつ解説していきましょう!

1.サポートがあって安心

クラウドソーシングサイトは、発注者と受注者の仲介役のような立場なのでサポートをしてくれます。

例えば、仕事の契約をする時に、発注者側からの仮払い金をサイトが預かってくれて、受注者側の仕事が終わったら支払われるという仕組みになっています。

この仕組みの最大のメリットは「発注者の報酬未払い」防いでくれるところです。

私はまだ経験がないのですが、フリーランスでお仕事をしていると成果物を提出したのに、その後発注者からの連絡が途絶えてしまって、報酬が未払いのまま…ということもあるそうです。

案件の見極め方については「【案件の見極め方】こんな案件に注意!実際に見掛けた「クラウドソーシングの不安な案件6選」」にまとめましたので、チェックしておくと安心だと思います!

そういったことがないように、発注者に先に報酬の支払いをしてもらえるという仕組みは安心ですよね。

nanat
nanat

・クラウドソーシングサイトが仲介をしてくれるので、報酬未払いの心配が少ない。
・そのほかにも「Q&A」なども充実していて疑問を解決しやすい。

2.未経験でもWebライターのお仕事を受注しやすい

未経験ライターさんの悩み「仕事が見つからない!」を解決できるのがクラウドソーシングサイトの良いところです。

もともとライターの経験があったり、つながりでお仕事をもらったりすると受注するのも簡単かもしれませんが、初心者さんだとハードルが高いですよね。

でもクラウドソーシングサイトは「初心者歓迎」という案件も多いので「まずは応募してみる!」ことができます。

私の経験上、そこからの受注につながるのは5~10件に1件などでしたが、とにかく応募し続けたことでお仕事がどんどん増えていきました!(増やし過ぎに注意ですが)

まずはクラウドソーシングサイトに登録して、できそうな案件に応募してみましょう!

nanat
nanat

・クラウドソーシングサイトは「初心者歓迎」の案件が多く受注しやすい。
・5~10件に1件受注できれば○。まずは応募してみよう!

手数料も確認しておこう!

クラウドソーシングサイトの利用はメリットが多いですが、その分手数料がかかります。

例えば「クラウドワークス」の場合はこのような感じです。

クラウドワークス システム利用料
「10万円以下」の部分:契約金額の20%
「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
「20万円超」の部分:契約金額の5%

https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10556/?l=ja&url=10556

1件ごとの計算になるため、Webライターのお仕事は、1件は「10万円以下」の部分になることが多いため、契約料金の20%が手数料になると考えておきましょう。

もし、まとめて発注してくれるクライアントさんだった場合は手数料は変わります。

例えば、契約金額(税込)が25万円の場合、システム利用料は「32,500円」です。

10万円以下の部分:2万円(20%)

10万円超20万円以下の部分:1万円(10%)

20万円超えの部分:2,500円(5%)

サイトによっても手数料は違うので、お仕事をするうえで必ず確認しておきましょうね。

案件の仕事条件で提示される「文字単価」にも注目しておきましょう!くわしくは「【文字単価】「月5万円」は何文字書けばいい?Webライタ-の文字単価を具体的に考えよう!」に考え方をまとめました!

nanat
nanat

・クラウドソーシングサイトの手数料は、約20%程度。
・それぞれのサイトで調べておこう。

クラウドソーシングサイトに登録してみよう!

クラウドソーシングサイトは、個人でもお仕事を受注できるサイトです。初心者ライターさんでも、活用次第ではたくさんのお仕事と出会えるというメリットがあります。

サポートも安心なので、初心者さんのうちは大手サイトに登録するのがオススメです!

まずは登録をして、お仕事のリサーチから始めてみましょう!

クラウドワークス→https://crowdworks.jp/

ランサーズ→https://www.lancers.jp/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる