【副業×WEBライター】副業におすすめな理由と初心者ライターがまずやるべき「2つ」のこと

最近、副業として話題のWebライター。

パソコンさえあれば、手軽に始められるイメージがあります。でも、実際に何から始めたらいいか分からないという方も多いかもしれません。まず、どんなアクションを起こせばいいのでしょうか。

そこで、この記事では、副業でWebライターがおすすめな理由と、具体的なアクションを2つご紹介します。

nanat
nanat

この記事をオススメしたい人は…
・Webライターをはじめよう思っている人
・Webライターをはじめたけど挫折してしまいそうな人
・副業でWebライターを考えている人

目次

副業にライターがおすすめな理由

Webライターが副業に向いている理由は3つあります。

1.PCがあれば始められる

パソコン1台で始められるので、すでにパソコンをもっていれば初期費用は0円です。最近は高性能のパソコンも中古なら安く手に入ることも多いので、初期費用は安く済ませられます。

まれにスマホで書いている「スマホライター」さんもいますが、基本的なPCで書いた方がスムーズです。

2.在宅で始められる

基本的に在宅で作業ができます。クライアントさんによってはオンライン上だけで完結することもあるので、家から一歩も出なくても仕事ができたりします。

本業で疲れてしまって、家から出たくなくても在宅で仕事ができるのはいいですよね。

3,知識が活かせる

自分の職歴や経験から、記事を書くことができます。自分では当たり前にやってきたことも、他の人には新しい情報だったりします。例え、ライター初心者だとしても、今までの経験を活かせます。

もちろん、本業の情報漏洩には注意しましょう…!

Webライターがまずやるべき「2つ」のこと

Webライターを始めるなら、まずやるべきことは、2つ。

1.文章の勉強をする

2.仕事を探す

この2つだけ実行することができれば、Webライターになれます。

その理由や具体的な方法なご紹介します。

1.文章の勉強をする

「文章の勉強なんてしなくても大丈夫じゃない?」と思っている人もいるかもしれません。

でも、誰かが書いた記事を読んで「…よくわからなかったな」と思ったこと、ありませんか?

Webライターは、Webの記事を書く仕事なので、読みやすい記事にする必要があります。

仕事はクライアントさんから発注されるものなので、読者に読まれる記事が求められます。

読みやすければ、読者から必要とされるから「読まれる記事」になる。そして、次のお仕事にもつながるのです。

ただ、日本で生活していて、学生、社会人経験があれば、メールやSNSでも、必ず文章を書いて生きてきたと思います。

勉強方法として、今までの文法などの復習と、Web記事の文章術を学ぶと考えましょう。

独学か?ライター養成講座か?

そこで気になるのが、「勉強方法は、独学でも大丈夫なのか?」ということ。

ライターになるためには「ライター講座」「ライタースクール」というような有料の養成講座もあります。

どちらがいいかについては、完全にその人の考え方によるとは思います。

※くわしくは「【ライタースクール】独学か?ライター養成講座か?考え方やそれぞれのメリットを紹介」にまとめています。

個人的には、まず独学で書籍を読んでみて決めてみてほしいなと思っています。

今は書籍だけでなく、YouTubeやnoteで無料でも情報が手に入りやすくなりました。書籍をツールを駆使すればかなりの情報量が手に入ります。

それを上手く使えれば、独学でも大丈夫だと思いますが「確実にスキルを身につけたい」「早く独立したい」という気持ちもありますよね。

目的を持って取り組むなら最初からライタースクールに通っても、よいかなと思います。

金額と内容などを確かめて、慎重に決めてみてくださいね。

まずは書籍を読んで、記事を書いてみてはいかがでしょうか?

日記やブログなどスタートして、まずは文章に慣れていきましょう!

nanat
nanat

Webライターになるための書籍を読んでみる。
「独学」か「ライタースクール」かは、まず独学で学んでみましょう。

2.Webライターの仕事を探す

仕事の探し方で未経験者が一番実践しやすいのは、「クラウドソーシング」。

クラウドソーシングには「未経験OK」のお仕事がたくさんあるので、初心者でも比較的お仕事が始めやすいでしょう。実際に私もクラウドソーシングから仕事をスタートさせましたが、仕事探しに役立ちました。

クラウドソーシングでは、大手サイトの「クラウドワークス」や「ランサーズ」が有名ですよね。大手ならサポートも充実しているので、初心者でもお仕事を探しやすいと思います。

慣れてきたら、他の中堅クラウドソーシングサイトなどをのぞいてみるとお仕事の幅は広がりそうです。

単価が安すぎる場合は、要注意!

ただし、クラウドソーシングサイトは、最初の単価が安いお仕事も多かったりするので、注意しましょう!

例えば、1文字0.1円というお仕事もありますが、1000字書いても100円です。

しかも初心者で1000字書くためには1日かかることもあるかもしれません。

「その金額でお仕事をする」ということを、シビアに見ていきましょう。

nanat
nanat

・まずは、大手クラウドソーシングサイトに登録してみるのがオススメです。
・報酬が安すぎるお仕事には注意してくださいね!

【案件の見極め方】こんな案件に注意!実際に見掛けた「クラウドソーシングの不安な案件6選」

【番外編】パソコンは、ノート?デスクトップ?

どちらか悩んだら、自宅で主に仕事をする人はデスクトップ、カフェなどでノマド的にお仕事をする人はノートパソコンかなと思っています。

ちなみに私は両方持っていますが、やっぱりデスクトップがあると安心だと感じています。

まずは、Webライターの準備をしてみよう

まずWebライターとして、具体的な1歩を踏み出してみましょう。

本を買ってもいいですし、クラウドソーシングに登録してもいいと思います。まず一つだけアクションを起こしてみましょう。

それだけで、一歩リードです。

Webライターを楽しみましょうね!

nanat
nanat

【アクションプラン】
・文章の勉強をする書籍を調べる、購入する。
・クラウドソーシングサイトに登録してみる。

クラウドワークス→https://crowdworks.jp/

ランサーズ→https://www.lancers.jp/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる