【ライタースクール】独学か?ライター養成講座か?考え方やそれぞれのメリットを紹介

Webライターを始めようと考えたときに、「ライタースクール」というワードを目にすることも多いのではないでしょうか。

初心者が基礎を学べる講座として、通っておと安心だと感じる人も多いかもしれません。でも一方で「独学でWebライターになった」という記事を見かけたりもします。

それぞれにメリット、デメリットはありそうですが、一体どちらの方がいいのでしょうか?

今回は、Webライターになるためのライタースクール、独学について解説します。

nanat
nanat

私は、最初は独学、その後ライター講座を受講しました!その経験からも解説してみます!

目次

ライタースクールのメリット

ライタースクールスクール(ライター養成講座)に通うメリットは次のようなものがあります。

・プロライターが教えてくれる
・添削がある
・オンラインでも受講できる

一つずつ解説していきましょう。

1.プロライターが教えてくれる

ライタースクールは、一線で活躍するようなプロのライターが教えてくれることが多いです。そのため、実践的な文章力を教えてもらることで、すぐに使えるような文章力が身につくでしょう。

2.添削がある

ライタースクールには課題があり、課題が添削されて戻ってくる仕組みがあります。自分の文章のどの部分が読みやすくて、どの部分に課題があるのかなどを教えてもらえるので、自信にもつながりやすいでしょう。

3.オンラインでも受講できる

最近ではオンラインで完結するスクールも多いので、インターネット環境さえ整えば、全国どこからでも高品質の講座を受けられるようになりました。受けてみたいと考えるスクールがあれば、インターネットですぐに始められて、自分のスピード感で進められるのもメリットでしょう。

ライタースクールのデメリット

ライタースクールのデメリットは、大きくはこの2つに集約されると感じています。

・料金が高い
・実践力が身につかない

こちらも解説していきましょう。

1.料金が高い

ライタースクールやライター養成講座によって異なりますが、安くても1万円程度、高ければ50万円以上のライタースクールもあります。

名前の知れた有名スクールや、信頼のできる口コミがある講座ならある程度安心して受講できると思いますが、一度「その値段を払う価値があるか」を考えてみましょう。

あまり聴いたことのないスクールや講座の中には、悪いウワサがあるものもあります。内容の薄い情報商材だったり、低単価で案件で時間を搾取されることになったり。少しでもあやしいスクールには申し込まないのが大切ですが、申し込んでしまってからでも、おかしいと感じたら離れるようにしましょう。

2.実践力が身につかない

せっかくライタースクールに通っても、スクールの内容と自分のレベル感が合っていないことで、実践力が身につかない可能性もあります。

スクールに通うだけの時間を確保できるのか、自分の実力に合っているのか、熱量があるのかなど、自分の今の状況に合わせてスクールや講座を選びましょう。

nanat
nanat

私は、独学のあと、クラウドワークスの「WEBライターコース」を受講して「WEBライター検定2級(クラウドワークス公式資格)」を取得しました。独学で勉強したことの振り返りとして、自信につながったと感じています。

独学のメリット

独学でライターになるメリットとして考えられるのは……

・料金が最低限で済む
・自由に勉強が進められる

こちらも、それぞれ解説します。

1.料金が最低限で済む

特に、副業でWebライターを始めたいと考えてる場合は、できる限り料金を安くしたいと考えるのではないでしょうか。ライタースクールに通うと、数万円かかってしまうものが、独学なら書籍代の数千円から始められます。図書館で借りられれば0円で始めることもできると考えると、大きなメリットになるでしょう。

2.自由に勉強が進められる

スクールに通うと、課題が出題されて、まとまった時間が必要になることもあります。また授業が進むのが早くてスピード感について行けず、挫折してしまうこともあるでしょう。

その点で、独学なら時間があるときに勉強を進められるので、自分のペースで自由に勉強を進められます。

ちなみに、独学におすすめの本は「【Webライター×勉強方法】「ライティング初心者におすすめの書籍」5選」にまとめています!

独学のデメリット

独学のデメリットは、なんとなく予想がつくのではないでしょうか…。

・実力がついているのか不安
・独立までに時間がかかる

こちらも解説していきます。

1.実力がついているのか不安

プロに教わるライタースクールと比較すると、独学は自分の理解力、体現力にかかってくる部分が多いでしょう。そのため、本当に実力がついているのか、実践で通用するのか不安に感じるはずです。

仕事の案件の中には、「未経験歓迎」などの仕事もあるので、そこで仕事をしながら身につけるという考えもありますが、最初からある程度知識、技術を身につけたいと考える人ならスクールの方がいいのかもしれません。

2.独立までに時間がかかる

スクールはある程度の期間を区切りますが、独学の場合はいつまででも勉強を続けられます。そのため、納得のいくレベルまで勉強をすると、時間がかかってしまうことも多いでしょう。

また、スクールに通うと仕事を斡旋してもらえることもあるため、独学よりも仕事探しがラクになる可能性もあります。もちろん、独学でも仕事探しも独立も可能です。そのスピード感なども考慮するといいでしょう。

【まとめ】本業にするならライタースクール、副業なら独学からがオススメ!

ライターを本業として最初から稼いでいきたいなら、ライタースクールがいいでしょう。基礎的な部分をスピード感を持って学べるので独立も早まります。

ライタースクールの価格帯も様々なので、内容と価格で選んでみるといいと思います。

また、ライターをまず副業で…と考えているなら、独学で十分でしょう。まずは書籍を読んで文章の勉強をしてみて、足りないと感じたらスクールや講座を受講すればいいと思います。

今は書籍だけでなく、YouTubeやnoteで無料でも情報が手に入りやすくなりました。書籍をツールを駆使すればかなりの情報量が手に入りますよね。

それを上手く使えれば、独学でも大丈夫だと思いますが「確実にスキルを身につけたい」「早く独立したい」という目的を持って、ライタースクールに通うのもいいでしょう。

nanat
nanat

金額と内容などを確かめて、慎重に決めてみてくださいね!

まずは書籍を読んで、記事を書いてみてはいかがでしょうか?

日記やブログなどスタートして、まずは文章に慣れていきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる