【Webライター×勉強方法】「ライティング初心者におすすめの書籍」5選

Webライターを目指すなら、文章をスラスラと書けるようになりたいですよね。

悩んでいる人

もっと文章を勉強しなきゃ!

と思っている人も多いかもしれません。実は、Webライターの文章術には特徴があります。

そこで今回は、Webライター初心者におすすめしたい書籍を5つ選んでみました。

アンナ

Webライターならではの文章術を学んでいきましょう!

目次

Web記事の文章術を学ぶ

文章術に「目的」があると思います。例えば、新聞記事とグルメ雑誌の記事では、読者が求めている物が違うので、文章も異なります。

同じように、Web媒体(Webメディアなど)と紙媒体(雑誌など)では、求められる文章術が異なります。

そこで、自分がどのような文章を書くべきなのか「目標」を定めましょう。

この記事を読んで下さっている方は、きっとWebライターをしている方が多いと思いますので、

Web記事を書くのに役立つ文章術」がゴールになるはずです。

本を選ぶときのポイントとしては「Web記事の文章術」を学べることが大切です。

Web記事は「構成」が異なる

Web記事と紙媒体の記事とでは「文章構成」が異なります。

例えば、雑誌は有料で販売されていることが多いですが、Webの記事のほとんどは無料で読めます。そのため、読者はいくらでも記事を読めるので、読みにくいとすぐに読むのをやめてしまいます。

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

知りたいことがあって検索しているのに、出てきたサイトの内容が

悩んでいる人

分かりにくい!

と、すぐに他のサイトに移ってしまうということ。

まさに、これです!

Web記事の作り方は構造を理解して、コツをつかんでしまえば自然と出来るようになります。

5冊くらい文章術の本を読みつつ、その内容を実践していけると良いと感じています。

・Webの文章術を学べる本をチョイスしよう!
・Webライティングのベストセラーや話題の新刊をチェック!

1.『文章の問題地図』著者:上阪 徹

文章を書くのがつらいと感じたときにできることインプットする本です。

問題点が1〜8丁目の地図になっているので、自分の苦手からアプローチできます。

特に4丁目の「長文にひるむ」はインタビューや取材に参考になる内容でした!シリーズで他にも「仕事」や「感情」などがあるそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる