【文字単価】「月5万円」は何文字書けばいい?Webライタ-の文字単価を具体的に考えよう!

「文字単価」という言葉を聞いたことはありますか?

Webライティングのお仕事で「1文字○円」というように決められている場合に使われます。

「記事単価」として「1記事で○円」と決められているお仕事もありますが、クラウドソーシングなどでは特に多いと感じています。

そこで今回は、Webライターとして「目標月5万円」を達成するためにどの条件でどのくらい書いたらいいかという部分を深掘りしていこうと思います!

nanat
nanat

この記事がオススメな人は……
・文字単価について知りたい人
・どのくらいの文字単価の案件を受けたらいいか知りたい人
・たくさん書いているはずなのに報酬が上がらない人

目次

報酬は「文字単価×文字数」

報酬は「文字単価×文字数」で計算できます。これはイメージがつきますよね。

たとえば、文字単価1円で、文字数2000文字の案件を受注したら、報酬は2000円になります。

でももし、文字単価0.1円で、文字数2000字の案件なら、報酬は200円です。

実際に記事を書いたことがある方なら分かると思いますが、2000字の原稿を仕上げるのに1〜2時間はかかります。もし苦手な分野だった場合や初心者ライターさんの場合は丸1日かかってしまうこともあるかもしれません。

そうなると、日給200円ということもあります。「そんな………!」という金額ですよね。

そこで、文字単価については受注するときにしっかりと確認しておくことが必要なのです。

nanat
nanat

・報酬は「文字単価×文字数」で計算する。
・あまりに安すぎる文字単価には注意!

月5万円ってどうやって達成する?

副業としても、本業としてもまず目標とする人が多い「月5万円」ですが、具体的に達成方法を考えてみましょう。

基本は「文字単価×文字数」の考え方です。

文字単価1円の場合、50000文字

これは簡単なかけ算ですが、「文字単価1円×50000字=50000円」です。

では、50000字ってどれくらいで達成できるのでしょうか?

単純計算で1か月(30日)で割ると、1日あたり約1666字です。

副業の場合には作業できる日も限られているので、10日だとすると1日5000字です。

文章になれている人でも1日5000字は憂うつになる文字数かもしれません。なかなか大変です。

文字単価5円の場合、10000文字

こちらも当たり前なのですが、「文字単価5円×10000字=50000円」です。

1か月(30日)で割ると、1日あたり約333文字です。

10日だったら1日1000文字。5日でも1日2000文字なのです。

比べてみると、大きな差があります。その分時間を掛けて記事を仕上げることができるので、良い記事を作れて、仕事のやりがいや新しい仕事につながる可能性もあります。

Webライターとして目指すべきなのは、こういったじっくり記事に向き合える環境だと思っています。

nanat
nanat

・実際の文字数から、1日あたりの文字数を考えてみよう。
・文字単価を上げれば、じっくり1記事に向き合える。

文字単価の目安を考える「3つの基準」

文字単価を高くしたいと思っても、まずはステップアップするためのお仕事を受注することから始めましょう。実際にクラウドソーシングには文字単価0.1円の案件も多く存在します。初心者ライターさんはなかなか案件を受注しにくいこともあり「じゃあいくら以上だったらいいのだろう?」という疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

そこで、まずは3つの基準を決めて、お仕事探し、受注をしていいか考えましょう。

1.得意ジャンルか

まずは、自分の「得意ジャンル」を受注してみましょう。

自分が得意だったり経験したりするジャンルなら文章が書きやすく、挫折しにくいと感じています。まずは、その記事を書きたいかどうかで選んでみるのがよいでしょう。

まずは、モチベーションを保ち続けられそうな好きなジャンルを探してみましょう!

2.1時間に何文字書けそうか

最初の目安として、1時間で何文字書けるかにチャレンジしてみましょう。

1時間に1000文字書けるジャンルがあれば、500文字しか書けないジャンルもあるかもしれません。

経験してみないと分からない部分がありますが、まずどのくらい書けそうか想像して、書ける自分が思い浮かぶようだったら受注してもよいと思います。

3.納得できる報酬か

一番大切なのが「報酬に納得できるか」ということです。

好きなジャンルで書くのが楽しかったり、記名記事(自分の名前が載る記事)で実績になったり、目的がハッキリとしていれば報酬が多少安くても納得ができるかもしれません。

ただし、苦手なジャンルで書けなくなって苦痛に感じたり、やりがいを持てない記事だったりしたら、いくら高めの報酬でも納得できないこともあります。

報酬と仕事内容のバランスを考えてお仕事を受注してみましょう!

SNSで直接契約などをすると、単価が上がる可能性もあります。くわしくは「【SNS×仕事の探し方】Twitterで直接契約する具体的な「6ステップ」を公開!」で紹介しています!

nanat
nanat

・「得意ジャンル」「1時間の文字数」「納得できる報酬」の3つを押さえておきましょう。
・その記事が次のお仕事や自分の将来につながるかを考えて受注する。

私の考える、初心者ライターの文字単価の目安は…

個人的にですが、初心者ライターさんに目安にしてほしい文字単価は「0.5円~1.0円」です!

理由は、私の経験からなのですが、このくらいの金額ならモチベーションが保てるからです。

やはり、0.1円や0.3円の文字単価だと、記事を修行だとしても見合わないと思ってしまいます。

よく「フィードバック込みで文字単価0.1円」の案件などがありますが、単価が高くなってもフィードバックをしてくれるクライアントさんは多いです。

せっかく自分の時間を使って記事を書くわけなので、報酬はしっかり確保しましょうね!

無理せず、楽しんでライターのスタートダッシュをしてみましょう!

nanat
nanat

・初心者ライターさんの、目標文字単価は0.5~1.0円くらい。(個人的な見解です)
・報酬が安すぎる案件は受注せず、自分の時間を大切に!

副業からスタートする場合は、こちらもチェック!

【副業×WEBライター】副業におすすめな理由と初心者ライターがまずやるべき「2つ」のこと

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フリーランスライター。
未経験から2年で850記事執筆。

目指しているのは…
「作業効率UP」
「気持ちを整える」
「自由に働く」

フリーランスの働き方・考え方・時短のコツについて記事を書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる